マーケティング

市場規模をあらわす「TAM/SAM/SOM」って正しく使い分けできる?

market-image

市場規模の分析は、事業開発や新規ビジネスの立ち上げにおいて不可欠な要素です。中でも「TAM」「SAM」「SOM」の3つの指標は、ビジネスの成功に向けた戦略を練る上で重要な役割を果たします。しかし、これらの指標を正しく理解し、使い分けることができているでしょうか?この記事では、「TAM」「SAM」「SOM」の基本的な概念から、それぞれの具体的な使い方、さらにその活用方法について詳しく解説します。

TAMとは、製品やサービスの最大の市場規模

「TAM(Total Addressable Market)」は、ある製品やサービスが理論上すべての潜在顧客に届いた場合の最大市場規模を指します。これは、製品やサービスが提供できる全体の市場機会を表しています。TAMは以下の方法で計算されます。

  1. 市場全体の価値:全体の市場規模を金額ベースで測定します。例えば、ある業界全体の売上高が50億円であれば、それがTAMとなります。
  2. ターゲット市場の広さ:特定の地理的範囲や顧客セグメントを含む市場全体を指します。

TAMを理解することは、新規市場参入や投資判断を行う上で非常に重要です。市場全体の潜在的な収益機会を把握することで、ビジネスのスケーラビリティを評価することができます。

SAMとは、製品やサービスが提供可能な市場規模

「SAM(Serviceable Available Market)」は、TAMの中で実際にアクセス可能でサービスを提供できる市場規模を表します。これは、特定のビジネスの戦略や能力に応じて、ターゲットとする市場の一部を切り取ったものです。

  1. 地理的範囲の限定:企業が実際にサービスを提供できる地域を考慮します。例えば、国内市場のみをターゲットとする場合、その範囲内の市場規模がSAMとなります。
  2. 顧客セグメントの限定:特定の顧客層やニーズにフォーカスします。例えば、高級志向の消費者をターゲットとする場合、そのセグメントの市場規模がSAMです。

SAMは、ビジネスが現実的にアクセスできる市場規模を示し、マーケティング戦略やリソース配分の決定に役立ちます。

SOMとは、実際に獲得可能な市場規模

「SOM(Serviceable Obtainable Market)」は、SAMの中でも、現実的に獲得可能な市場シェアを指します。これは、実際のビジネス展開や競争環境を考慮に入れて計算される指標です。

  1. 競争状況の分析:競合他社の市場シェアや市場動向を分析し、自社が獲得できる現実的なシェアを見積もります。
  2. ビジネスモデルの強み:自社の製品やサービスの強み、ブランド力、営業力などを評価します。

SOMは、ビジネスプランを策定する際の実行可能性を評価するために使用されます。現実的な目標設定やリソース配分を行うための重要な指標となります。

TAM/SAM/SOMの使い分け

TAM、SAM、SOMの各指標は、それぞれ異なる目的で使用されます。TAMは市場全体のポテンシャルを示し、SAMは実際にターゲットとする市場の規模を、SOMはその中で実際に獲得可能な市場シェアを示します。

  • 新規市場参入:新しいビジネスチャンスを探る際には、まずTAMを調査し、その後SAMを絞り込んでいきます。最終的には、SOMを分析して現実的な収益見込みを立てます。
  • 投資判断:投資家は、TAMを見て市場のポテンシャルを判断し、SAMとSOMを見てそのビジネスがどれだけ実行可能かを評価します。
  • 戦略立案:既存ビジネスの成長戦略を立てる際には、SOMを重視して実行可能な範囲内での市場拡大を目指します。

これらの使い分けを理解することで、より効果的なビジネス戦略を策定することができます。

TAM/SAM/SOMの活用事例

実際にTAM、SAM、SOMを活用した成功事例を見てみましょう。例えば、あるソフトウェア企業が新しいプロダクトを市場に投入する際のプロセスを考えます。

  1. TAMの計算:まず、そのプロダクトが対象とする全世界のソフトウェア市場の規模を調査します。仮にその市場規模が100億円だとします。
  2. SAMの特定:次に、その企業が実際にサービスを提供できる地域やセグメントを考慮し、国内市場に絞ります。その市場規模が30億円とします。
  3. SOMの見積もり:最後に、競合分析や自社の強みを考慮して、初年度に獲得可能な市場シェアを見積もります。仮に10%を目標とすると、SOMは3億円となります。

このように、TAM、SAM、SOMを段階的に分析することで、現実的かつ戦略的な市場参入が可能となります。

まとめ

この記事では、TAM、SAM、SOMの基本概念とその使い分けについて解説しました。それぞれの指標を正しく理解し、適切に活用することで、ビジネスの成長戦略や投資判断の精度を高めることができます。市場規模の分析は、ビジネスの成功に向けた第一歩です。今後のビジネス展開において、ぜひ参考にしてみてください。

multiple-valuation-image企業価値評価のひとつ、「マルチプル法」についてわかりやすく解説前のページ

月給たった960円でAI社員を雇用できる「ナッピーワークス」がすごい次のページnappy-works

関連記事

  1. voice-image
  2. cta-image
  3. btob-marketing-image
  4. Gillette-Model

人気の記事

  1. zcareerplatform
  2. bpaas-image
  3. cognition
  4. incivility-image
  5. kurashiru-job

最近の記事

  1. solopreneur
  2. skill-image
  3. IFRS
  4. Gillette-Model
  5. north-star-metric

カテゴリー

PAGE TOP