新規事業

事業戦略立案に役立つ「クロスSWOT分析」とは?SWOT分析との相違点も踏まえ理解しよう

swot-image

クロスSWOT分析は、事業戦略を立案する際に非常に有効な手法の一つです。本記事では、クロスSWOT分析の基本概念、従来のSWOT分析との違い、そして具体的な実施方法について解説します。クロスSWOT分析を活用することで、より精緻な戦略立案が可能となり、競争優位性を高めることができます。事業開発や経営戦略に関わる全てのビジネスパーソンにとって有益な情報を提供します。

クロスSWOT分析とは?

クロスSWOT分析とは、従来のSWOT分析における要素をさらに組み合わせて戦略を導き出す手法です。SWOT分析は以下の4つの要素から成り立ちます。

  1. Strengths(強み): 企業やプロジェクトの内部環境で優れている点
  2. Weaknesses(弱み): 企業やプロジェクトの内部環境で劣っている点
  3. Opportunities(機会): 外部環境で有利に働く要因
  4. Threats(脅威): 外部環境で不利に働く要因

クロスSWOT分析では、これらの要素を掛け合わせることで、より具体的な戦略を導き出します。例えば、強みと機会を組み合わせて「積極戦略」を、弱みと脅威を組み合わせて「回避戦略」を立案します。このように、各要素をクロスさせることで、多角的な視点から戦略を検討することが可能です。

SWOT分析との相違点

クロスSWOT分析と従来のSWOT分析には以下のような相違点があります。

  • 深掘りの度合い: 従来のSWOT分析は各要素を個別に評価しますが、クロスSWOT分析では要素間の関係性を深掘りし、より具体的な戦略を導き出します。
  • 戦略の具体性: クロスSWOT分析では、要素間の相互作用を考慮するため、具体的で実行可能な戦略を導き出すことができます。
  • 視点の多様性: クロスSWOT分析では、内部環境と外部環境の組み合わせを考えるため、より多角的な視点から企業やプロジェクトの状況を評価できます。

これにより、クロスSWOT分析はより実践的で具体的な戦略立案に適していると言えます。

クロスSWOT分析の実施方法

cross-swot-image
図:クロスSWOT分析のフォーマット(BizDevキャリア編集部作成)

クロスSWOT分析を実施する際の具体的な手順は以下の通りです。

手順1:SWOT分析の実施

まず、従来のSWOT分析を行い、強み、弱み、機会、脅威を洗い出します。

手順2:クロス分析シートの作成

SWOT分析の結果をクロス分析シートに落とし込みます。縦軸に内部環境(強み、弱み)、横軸に外部環境(機会、脅威)を配置します。

手順3:要素の組み合わせ

各要素を組み合わせて具体的な戦略を検討します。例えば、強みと機会を掛け合わせて積極戦略を、強みと脅威を掛け合わせて防衛戦略を策定します。

手順4:戦略の優先順位付け

複数の戦略が出揃ったら、実行可能性やインパクトを考慮して優先順位を付けます。

手順5:具体的な行動計画の策定

最後に、優先順位の高い戦略に対して具体的な行動計画を策定し、実行に移します。

クロスSWOT分析の活用事例

クロスSWOT分析は、多くの企業やプロジェクトで活用されています。例えば、新規市場参入の際には、企業の強みを活かしつつ市場の機会を捉える戦略を立てることができます。また、競合他社の動向を脅威として捉え、自社の弱みを補完する戦略を策定することも可能です。

具体例として、ある製造業の企業が新製品を開発する際にクロスSWOT分析を実施したケースを挙げます。この企業は自社の技術力(強み)と市場の成長性(機会)を掛け合わせることで、革新的な製品開発戦略を策定しました。一方で、原材料価格の高騰(脅威)に対しては、コスト削減策(弱み)を講じることで対応しました。

クロスSWOT分析のメリットとデメリット

merit-demerit

クロスSWOT分析のメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 戦略の具体性: 各要素を掛け合わせることで、具体的かつ実行可能な戦略を導き出せる。
  • 多角的な視点: 内部環境と外部環境の両面から評価できるため、バランスの取れた戦略を立案できる。
  • 柔軟性: さまざまな状況に対応できる柔軟な戦略立案が可能。

一方で、デメリットとしては以下の点があります。

  • 分析の複雑さ: 従来のSWOT分析に比べて手間と時間がかかる。
  • 実行の難しさ: 複数の戦略を優先順位付けし、実行に移すのが難しい場合がある。

まとめ

本記事では、クロスSWOT分析の基本概念、従来のSWOT分析との違い、具体的な実施方法、活用事例、そしてメリットとデメリットについて解説しました。クロスSWOT分析を活用することで、より具体的で実行可能な戦略を立案することができます。事業戦略を効果的に策定し、競争優位性を高めるために、ぜひクロスSWOT分析を取り入れてみてください。

pbr-imagePBR(株価純資産倍率)とは?計算方法や目安について解説前のページ

2024年11月1日に開始する「フリーランス新法」の中身を徹底解説次のページfreelance-image

関連記事

  1. 新規事業

    新規事業立ち上げ時に役立つフレームワーク5選

    新規事業の立ち上げは、多くのリスクと挑戦が伴…

  2. business-planning
  3. kurashiru-job
  4. startup-image
  5. zcareerplatform
  6. thinking-image

    新規事業

    新規事業が思いつかない、そんな時に使いたいアイデア発想法

    新規事業のアイデアが思いつかないという壁にぶ…

人気の記事

  1. cognition
  2. incivility-image
  3. bpaas-image
  4. zcareerplatform
  5. kurashiru-job

最近の記事

  1. presentation
  2. solopreneur
  3. skill-image
  4. IFRS
  5. Gillette-Model

カテゴリー

PAGE TOP