BizDev(ビズデブ)

事業開発と経営企画、似ているようで異なる2つの役割と仕事内容

corporate-planning-image

「事業開発」と「経営企画」は、企業の成長と成功に欠かせない役割を果たしますが、その仕事内容や求められるスキルは異なります。本記事では、事業開発と経営企画の違いやそれぞれの具体的な仕事内容、共通点、そしてキャリアパスの選び方について詳しく解説します。なお、ここで紹介する内容は一般的なものであり、企業によって考え方や役割の違いがあることをあらかじめご了承ください。これにより、キャリアアップを目指すビジネスパーソンが、自分に適したキャリアパスを見つけるための参考となることを目指します。

事業開発の役割とは?

事業開発とは、新たなビジネス機会を発掘し、企業の成長を促進するための活動を指します。具体的な仕事内容には以下のようなものがあります。

  • 市場調査と競合分析:市場の動向を調査し、競合他社の動きを分析します。これにより、新たなビジネスチャンスを見つけ出します。
  • 新製品・新サービスの企画立案:市場のニーズに基づいて、新たな製品やサービスを企画し、その実現に向けた戦略を立案します。
  • パートナーシップの構築:他企業との協業や提携を通じて、新しいビジネスモデルを構築します。これには、戦略的な提携やアライアンスの交渉が含まれます。
  • M&A(合併・買収):企業の成長戦略として、他企業の買収や合併を検討し、その実行をサポートします。

事業開発の担当者は、企業の長期的なビジョンに基づき、新しい市場や顧客を開拓する能力が求められます。

経営企画の役割とは?

経営企画は、企業全体の戦略を立案し、実行を支援する役割を担います。具体的な仕事内容は以下の通りです。

  • 戦略立案:企業の中長期的なビジョンを描き、その達成に向けた具体的な戦略を策定します。
  • 予算策定と管理:企業全体の予算を策定し、その実行状況をモニタリングします。これにより、資金の効率的な配分を図ります。
  • KPIの設定とモニタリング:重要業績評価指標(KPI)を設定し、その達成度を定期的にチェックします。これにより、戦略の進捗状況を把握します。
  • リスク管理:企業が直面する可能性のあるリスクを分析し、その対策を講じます。これにより、事業の安定性を確保します。

経営企画の担当者は、企業全体の調和を図りつつ、効率的な運営をサポートする能力が求められます。

事業開発と経営企画の共通点

common-point-image

事業開発と経営企画には、いくつかの共通点があります。

  • 企業の成長を目指す:どちらの役割も、企業の成長と成功を目指して活動します。
  • 市場分析とデータ活用:市場や競合の分析を通じて、根拠に基づいた意思決定を行います。
  • 社内外の連携:プロジェクトを進めるために、社内外のステークホルダーと連携することが求められます。

これらの共通点により、両者の役割は企業の戦略が一貫性を持ち、効果的に実行されることを支えます。

事業開発と経営企画の相違点

一方で、事業開発と経営企画には明確な違いも存在します。

  • 新規 vs 既存:事業開発は新しいビジネスチャンスを創出することに重点を置き、創造性や革新性が求められます。経営企画は既存のリソースを最適化し、効率的に運営することに焦点を当てます。
  • 外部 vs 内部:事業開発は外部のパートナーシップや市場動向に対するアプローチが多い一方で、経営企画は社内部門との連携や組織全体の調整が重要な役割となります。
  • リスク対応:事業開発は新しい取り組みを推進するため、リスクを取ることが多いですが、経営企画はそのリスクを管理し、最小化することに重点を置きます。

キャリアパスの選択

step-image

事業開発と経営企画のどちらのキャリアパスを選択するかは、個人の性格やスキル、キャリアゴールによります。

  • 事業開発:革新的なアイデアを生み出し、新しい市場を開拓することに情熱を持つ人に適しています。挑戦を楽しみ、新たな機会を追求する姿勢が求められます。
  • 経営企画:企業の全体像を把握し、戦略的な思考で組織を導くことに興味がある人に向いています。分析力や計画力に優れ、リスク管理に長けた人に適しています。

どちらの役割も、企業の成功に欠かせない重要なポジションであり、それぞれに異なる魅力があります。

まとめ

この記事では、事業開発と経営企画の役割と仕事内容について詳しく解説しました。事業開発は新しいビジネス機会を創出し、経営企画は企業の戦略を策定し実行を支援します。両者には共通点もありますが、求められるスキルやアプローチには明確な違いがあります。自身のキャリアパスを考える際に、これらの違いを理解し、自分に最適な道を選ぶことが重要です。どちらの役割も、企業の成長に貢献する重要なポジションであることに変わりはありません。

moonshot-image破壊的イノベーション創出を目指す内閣府の「ムーンショット型研究開発制度」前のページ

BtoBの購買プロセス「バイヤージャーニー」について解説次のページbuyer-journey-image

関連記事

  1. inside-sales-image

    BizDev(ビズデブ)

    BDRとSDR、インサイドセールスにおける2つの役割を知ろう

    インサイドセールスは、企業の成長戦略において…

  2. bpaas-image
  3. pmi-image

人気の記事

  1. workplace-image
  2. incivility-image
  3. bpaas-image
  4. company-image
  5. nappy-works

最近の記事

  1. nav-image
  2. btob-marketing-image
  3. nappy-works
  4. market-image
  5. multiple-valuation-image
PAGE TOP