DX(デジタルトランスフォーメーション)

破壊的イノベーション創出を目指す内閣府の「ムーンショット型研究開発制度」

moonshot-image

日本政府が推進する「ムーンショット型研究開発制度」は、破壊的イノベーションを生み出すための新たなアプローチです。本記事では、この制度の基本概念、背景、主要な目標、具体的なプロジェクト例、そして日本の未来に与える影響について詳しく解説します。

ムーンショット型研究開発制度の基本概念

ムーンショット型研究開発制度は、内閣府が主導する革新的な研究開発プロジェクトです。名前の由来は、1960年代にアメリカが月面着陸を目指した「ムーンショット計画」から来ています。この制度の目的は、高度な技術や科学の力を駆使して、現代社会が直面する課題を解決することです。具体的には、10年から20年先を見据えた大胆な目標を設定し、その達成に向けた研究開発を支援します。

参考:内閣府HP「ムーンショット型研究開発制度

ムーンショット型研究開発制度の背景

この制度が導入された背景には、技術革新の停滞や社会課題の複雑化が挙げられます。日本は高度経済成長期に多くの技術革新を遂げましたが、近年では成長が鈍化しています。さらに、環境問題、少子高齢化、都市化など、解決が急務な課題が山積しています。ムーンショット型研究開発制度は、こうした課題に対して、従来の枠にとらわれない発想と技術で突破口を開くことを目指しています。

9つのムーンショット目標

図:ムーンショット目標(内閣府HPより引用)

ムーンショット型研究開発制度では、以下の9つの目標を掲げています。

目標1:身体、脳、空間、時間の制約からの解放

2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現することを目指します。これには、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせる技術の開発が含まれます​​。

目標2:疾病の超早期予測・予防

2050年までに、AIとビッグデータを活用して、疾病を超早期に予測・予防する技術の開発を目指します。具体的には、臓器間の包括的ネットワークの統合的解析を通じて疾患予測・未病評価システムの確立を目指します​​。

目標3:自ら学習・行動し人と共生するAIロボット

自律的に学習・行動するロボットを開発し、人々の日常生活をサポートすることを目指します。2050年までに、AIロボットが人と共生し、多様な社会活動に参画できるようになります​​。

目標4:地球環境の再生

2050年までに、持続可能なエネルギーや資源の開発を通じて、地球環境の保全と再生を目指します。これには、CO2の削減技術や再生可能エネルギーの利用拡大が含まれます​​。

目標5:2050年の食と農

2050年に向けて、持続可能な農業技術や新しい食料生産システムの開発を目指します。具体的には、垂直農業やバイオテクノロジーを活用した食品生産が挙げられます​​。

目標6:誤り耐性型汎用量子コンピュータ

次世代の計算技術である量子コンピュータの実用化を目指します。特に、誤り耐性を持つ量子コンピュータの開発により、計算能力を飛躍的に向上させます​​。

目標7:健康不安なく100歳まで

2040年までに、主要な疾患を予防・克服し、100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムを実現します。これには、日常生活の中で自然と予防ができる社会の実現が含まれます​​。

目標8:気象制御による極端風水害の軽減

2050年までに、激甚化しつつある台風や豪雨を制御し、極端風水害の脅威から解放された安全安心な社会を実現します。これには、台風や豪雨の強度・タイミング・発生範囲の制御が含まれます​​。

目標9:こころの安らぎや活力を増大

2050年までに、こころの安らぎや活力を増大し、精神的に豊かで躍動的な社会を実現します。これには、こころと深く結びつく要素の抽出や測定、こころの変化の機序解明が含まれます​​。

詳細については、内閣府のHPより確認することができます。

具体的なプロジェクト例

ムーンショット型研究開発制度では、既にいくつかの具体的なプロジェクトが進行しています。その中でも代表的なプロジェクトとしては、トヨタ自動車による自動運転やロボット技術を活用したスマートシティ「Woven City」の建設や、日立製作所による大規模集積シリコン量子コンピュータの研究開発などが該当します。

これらのプロジェクトは、多様な専門分野の研究者や企業が連携し、共同で研究開発を進めています。

日本の未来に与える影響

ムーンショット型研究開発制度は、日本の未来に多大な影響を与えると期待されています。破壊的イノベーションを創出することで、新たな産業が生まれ、経済の活性化が図られます。また、社会課題の解決を通じて、国民の生活の質が向上し、持続可能な社会の実現が進むでしょう。さらに、国際競争力の強化により、日本が再び技術大国として世界をリードすることが期待されます。

まとめ

本記事では、内閣府の「ムーンショット型研究開発制度」について解説しました。この制度は、破壊的イノベーションを生み出すための新たなアプローチであり、高度な技術や科学の力を駆使して、現代社会が直面する課題を解決することを目指しています。具体的なプロジェクト例や主要な目標を通じて、日本の未来に与える影響は大きく、今後の展開に注目が集まります。

how-to-imageポストクッキー時代に注目される「ゼロパーティデータ」とは前のページ

事業開発と経営企画、似ているようで異なる2つの役割と仕事内容次のページcorporate-planning-image

関連記事

  1. rpa-image
  2. reskilling-image

人気の記事

  1. company-image
  2. workplace-image
  3. moonshot-image
  4. ai-report-image
  5. notebooklm-image

最近の記事

  1. nav-image
  2. btob-marketing-image
  3. nappy-works
  4. market-image
  5. multiple-valuation-image
PAGE TOP